キャリアカレッジとは

日本初、女子大学による「次世代リーダー育成スクール」

 グローバル化、少子高齢化が一層進む21世紀において、労働力人口の急激な減少が予想される中、日本の社会の継続的な発展のために、女性活躍が不可欠だということは今や常識であり、女性の活躍推進(就業率、基幹職比率向上)は日本の成長維持・向上のための重要なポイントです。
 しかし、働く女性・働きたい女性が直面する問題の多くは現在も解決されていません。女性が活躍するためには、家庭生活との両立支援制度を作ればよしとするのではなく、女性人材の育成・登用が不可欠であり、また女性の活躍を応援する企業風土、男性管理職の指導力養成など様々な対応が必要です。

 このような社会的状況に鑑み、2014年に坂東眞理子理事長・総長のトッププロジェクトとして、女性のニーズに即応し、生涯にわたるキャリアを継続的に応援したいという趣旨のもとに「昭和女子大学キャリアカレッジ」を開設し、日本の社会における女性活躍推進に着手しました。これを基盤に2016年には「昭和女子大学ダイバーシティ推進機構」を設立し、より発展的な女性活躍を含むダイバーシティ推進のため、会員制度を設け、女性リーダー研修をはじめとするセミナー・研究会等を実施しています。

キャリアカレッジ基本コンセプト

女子大学生が将来活躍する場となる企業のダイバーシティ経営を支援し、
企業の価値創造と持続可能な発展に寄与することを目指します。

3つの活動領域

  • 女性活躍の推進

    企業の意思決定に参画する次世代リーダーを育成する

    異業種ネットワークを広げる

  • 働き方改革の推進

    一人ひとりが自分らしく貢献し、やりがいが実感できる組織づくりを支援する

    多様な人材が活躍できる組織風土を醸成する

  • 多様性による価値創造

    企業の競争力を支える多様な働き方改革を促進する

    多様性を活かすマインド、スキルを育む

キャリアカレッジネットワーク

会員(法人・個人)のみなさまは、キャリアカレッジの提供するコースプログラムやセミナー、研究会等のコンテンツにご参加いただくことにより、ワークやディスカッションを重ねる中で、問題意識を共有できる他者とのネットワークを構築していくことができます。

活動実績

2014年度~2019年度上半期までに、6コースを388人が受講。

(1)女性ビジネスベーシックコース:1期~5期・計94人
(2)女性マネジメントステップアップコース:1期~10期・計174人
(3)エグゼクティブ共創コース:1期~3期・計50人
(4)ダイバーシティを活かすリーダシップ養成コース:1期・18人
(5)女性起業家養成コース:1期~4期・計34人
(6)”跡取り娘”人材育成コース:1期~2期・計23人

会員お申し込み
受講お申し込み
       

各コースとも、申込期間外はコースの選択ができません。  募集要項をご覧いただき、申込期間をご確認ください。